面倒だからといってパスワードなしにはしない

自宅やオフィスでwifiルーターを利用する場合、しっかりとセキュリティ対策を行う必要があります。もし、対策を怠った場合、外部から回線にただ乗りされてしまう可能性があるからです。wifiルーターの電波はある程度遠くまで飛び、たとえば自宅で利用していたとしてもすぐ近くの道路ぐらいまでは届きます。つまり、自宅にいない人間がルーターを通じてネットにアクセスしてしまえるかもしれないわけです。

では、どのようなセキュリティ対策を取ればいいのかというと、まず重要なのはパスワードの設定です。一般的にwifiルーターのパスワードは最初から設定されていますが、パスワードを入力するのが面倒だという理由で、パスワードなしに変更して運用する人がたまにいます。こうしてしまうと、第三者でも使い放題になってしまうのでよくありません。

SSIDを非公開にしてルーターの存在を隠す

SSIDを隠すのも有効なセキュリティ対策といえるでしょう。SSIDとはwifiルーターに与えられた名前のようなもので、たとえばスマホを初めてwifiルーターに接続しようとした場合、接続できるルーターの候補名がいくつか表示されるはずです。それは周囲に実際に存在するルーターのSSIDなのです。もちろん、第三者が利用しているwifiルーターであっても近くに存在するなら表示されます。このSSIDを公開しないという設定にしておけば、第三者にはルーターの存在がわからなくなるので不正利用される可能性が減るのです。

ただ、自分が利用しているスマホなどをルーターに接続する前にSSIDを非公開にしてしまうと、スマホからルーターに接続しようとする場合、SSIDを手入力しなければならないので少し面倒になります。