wifiルーターの設置場所を決める為の1つ目の条件

wifiルーターの設置場所を決める際の条件は2つあります。1つ目はwifiルーターで使用する電源が確保できるかです。wifiルーターには電源が必要なのでコンセントがある部屋が好ましいです。延長コードでコンセントから離れた場所でwifiルーターを使用しても構いませんが、延長コードが邪魔になりますし、延長コード自体がwifi環境の整備の為の出費になってしまいます。一般的にwifiルーターの電源は基本的に付けっぱなしにすることが多いので、常時使用していないコンセントがあることが好ましいです。 また、雷が落ちるときに異常な過大電流が流れる雷サージによってwifiルーターが壊れるのを防止することまで考えると「雷サージ吸収素子」が入っている電源タップが使用できると安心です。

wifiルーターの設置場所を決める為の2つ目の条件

wifiルーターの設置場所を決める為の2つ目の条件はwifiを使用したい部屋まで電波を届けることです。wifiルーターを設置する最終的な目的はインターネットを使用することです。使用したい部屋まで求める強度以上の電波が届かなければ目的が達成されたことにはなりません。そこで、wifiを使用したい部屋でちゃんと電波が届いているかスマートフォンやパソコンを使用して確認する作業が必要です。電波が届いていないまたは届いていても微弱である場合はwifiルーターの場所の変更が必要になります。それでも無理な場合は家電製品の場所を変更するだけでも改善する場合があります。しかし、それでも改善が見られない場合はwifi中継器の増設またはwifiルーターの交換が必要になります。